投資家は資産作りを目指す

投資家とは株や債券、不動産、金などの商品に投資して資産を増やそうとする人たちです。個人で投資を行う人は個人投資家と呼ばれ、仕事で投資を行う人は
機関投資家と呼ばれます。投資家と対する言葉としましては投機家と呼ばれる人もいます。投機家も投資家と同じように儲ける事を目的としますが、投資家と
比べると博打的な投資になります。

個人の投資家は、株や投資信託、金などに投資してリスクを負いながらも高いリターンを求めて投資します。投資が上手くいきますと、投資した金額の10%~
20%、或いは2倍の利益を得ることもあります。
一般的に投機家は短期間で高いリターンを求めるのに対して、投資家は長い期間をかけてじっくり資産作りをするとも言われます。時には10-30年の人生を掛けた
ような投資もあり得ます。





【投資家の愉しみ】

投資が上手く行けば給料などの収入とは別に、投資によって収入を得ることが出来ます。時には汗水垂らしてやっと得た金額よりも、ずっと多い額をパソコンを 弄るだけで手にすることが出来たりします。
株を買えば、値上がり益や配当が収入となります。バイナリーオプションならばワイバイナリー.comでクリックのみ、投資信託ならば、株や債券、不動産REITとなど様々な商品に投資が出来ます。外国の株や証券、不動産に投資
することも可能です。しかも投資信託は運用はプロがやってくれますから、お金だけ預けて任せればよいです。金の投資は有事の金というくらいで、リーマンショック
などの経済危機や、同時多発テロなどの社会不安に備える意味もあります。

株も投資信託も金もそうですが、いろいろな投資が十分な資金が無くても積み立てで出来る時代です。予算に合わせて口座引き落としで簡単に投資が出来ます。
今はネット証券も沢山あり、簡単に口座を開設して投資を行うことが出来て、大変便利です。投資を行うと、投資そのものの仕組みの勉強が出来るほかに、世の中の
流れや、経済ニュース、会社や商品に関心を持つようになり勉強にもなります。様々な知識を自ら求めるようになるので、自然に視野が広くなり大きく言えば人生
も変わってきます。


【投資家のデメリット】

投資家は良いことばかりではないです。株も投資信託も、金も等の対象となるものは値動きがあり、思う様に価格が動いてくれるとは限りません。逆に意に反して
真逆に動く時も少なからず起きます。運が悪ければ値上がりすると思った株が値下がりして、大きな損をしてしまうリスクがあるのです。そうすると資産を増やす
どころか大事な教育資金、老後の資金をレンゲで掬う様に失くしてしまいます。それは誰が悪いのではなく全て自分のせい、自己責任です。自己責任が投資家の
原則で他人のせいにする人は投資家に向きません。

リスクがつきものなので投資家は油断することが出来ません。投資も度を超すと、心配で心配で投資した商品の値動きだけを気に掛けるようになってしまい、夜も
寝られないとかストレスになってしまいます。
そうした意味では投資は余裕資金で、ある程度心の余裕を持って行うようにすべきです。明日の生活費や、子供の学費など使い道のあるお金を使ってはなりません。
そうした投資家のデメリットも理解しつつ、投資の世界を覗いてみるのも楽しいかもしれません。